宅配買取と古着の比較≪おすすめランキング≫

リサイクルショップで処分?なんでもOK?

着なくなった衣類を高く売りたい!
数年前に買ったけど、今はもう着ないとか
新品でタグ付きのまま袖を通したことがなくて、
今後も着る機会がない…といった
洋服の処分にお困りの方も多いのではないでしょうか。

近所のリサイクルショップで査定してもらったけど、
結果として安く買い叩かれてしまって、
泣く泣く持ち帰るハメになる…というケースも
案外多いみたいですね。

その点、ネットの宅配買取サービスは、
専門の鑑定士による査定で、
正当な価格が付けてもらえることが多いです。
リサイクル店で安値だったものが、
思った以上に高値になる場合もあります。


下記に古着の査定額が高いショップを一覧にしてみました。
いずれも無料で見積もりしてもらえますので、是非参考になさってくださいね(*^_^*)

宅配買取NO.1のブランディアです。

テレビCMや雑誌でも紹介されている有名店。

取扱ブランド数が他社より圧倒的に多いのが特徴です。

※アクセスするとブランド画面に移りますが、そこから服査定の申し込みもOKです。

レディース・メンズ全般が対象となっています。

ZOZOTOWNの利用者で、着なくなった服を売りたい方にも好評です。利用者急増中!

他社と比較するのにも便利です。

品物を送る前にネットでオンライン査定ができます。

売りたいモノを写メしてWEBでUPするだけで、

およその見積もり金額を出してもらえます。

アパレルや小物類の買取に強いのがブランドゥール。

実店舗もあって安心感もありますし、地方で持ち込みできない場合は、宅配で不要な服を送ってみましょう。

大人物以外に、子供服も取扱あり!

家族分の不用品をまとめて送ってみましょう。

月ごとにキャンペーンが開催されているので要チェックです。

ブランド衣類の買い取り査定とグラム(重さ)

中にはグラム(重さ)で値段が決まる“量り売り”を行っているところもありますが、
こちらで紹介しているショップは、1点1点きちんと鑑定し、
品物に見合った金額を出してもらえます。


なんでも売ることができるのか?というと
そういうわけではありませんが、
状態がそこまで悪くなくて、人気ブランドであれば
高価買い取りも期待できます。

完全無料で対応してくれるショップばかりで、
見積もりしてもらって、金額に満足できないようであれば、
そのまま返却してもらうことも可能です。
その場合の配送料も、業者の方で負担してもらえるから、
こちらが料金を負担することは一切ありません。


アンタイトルやセシルマクビー、ローリーファームズ、ピンクハウス、
コムサ、ラルフローレン、ジルスチュアート、109ブランド、パルコ、ヴィンテージなど
レディースもメンズも、いらなくなった物をまとめて送ってみましょう。

不要品を売るならどこがおすすめ?

不要品の整理をしていると、必ず大量に出るのが古着!
しかも、それらは全てがブランド品とは限りません。
実際のところ、ノンブランドの服の方が圧倒的多数だという方も少なくはないでしょう。
となると、やはり売りに出す事は期待出来そうにないなぁと思われるかも知れませんが、
決してそんな事はありませんよ。
まず、状態がいい!
これはいい品であっても非常に重要視される部分で、
傷みや汚れが重度になるほど、買取り価格は下がります。
本来なら、高く売れるようなバーバリーのコートだって、
小さな穴が一つ相手いれば、たちまち売り物にはならなくなってしまうのです。
そして次に重要になるのが季節感です。
ワンシーズン先取りの感覚で売りに出す事を考えるのは、
やっぱり高級品であっても大事な事!
春が来て、暖かくなり始めた頃に毛皮のコートを処分しようとしても、
思ったほどのお小遣い稼ぎにはなりません。
どうせ売るなら、これから寒くなるという時期でなければいけないんですね。
この2つの事を考えると、状態が良好で、
次にみんなが欲しくなる季節の洋服であれば、
有名なメーカーの品物でなくても、結構いいお値段で買い取ってもらえたりなんかするのです。
また、量り売りのような古着屋さんもあるので、売れないと思い混むのは、
目の前に落ちているお金を拾わないのと同じですよ。
ただし、なんでもかんでも買い取ってくれるようなお店に高級品を出すのはNG!
そういうところは、どうしても全体の査定が雑になってしまいますから、
せっかくいいものであっても、適正の査定を受けられないまま引き取られて行ってしまいます。
なので、いい品物は専門家が査定してくれるリサイクルショップに出される事が大切でしょう。
また、価値のあるモノに拘りながらも、何でもいいですよと謳っているショップに出すという手もありますが、
その場合には、売れないと見なした商品については、
着払いで返送されることもあるので、やっぱり考え物なんですよね。
という事で、例え面倒でも、売りたいモノそれぞれに特化したショップに出すようにしましょう。

「ジャンブルストア」は、セカンドストリートと同じく、「ゲオ」が運営するリサイクルショップです。
ですが、セカンドストリートは、総合リサイクルショップという事で、
古くなった家電や家具の買取りにかなり力を入れています。

 

もったいない精神というのは実に必要なことであると思います。
あれこれ、すぐに買い替えるのは、例えお金に余裕があったとしても美徳ではありません。
しかしながら、着ない服をいつまでもタンスの肥やしにしておくのは、どうかと思います。
袖を通すことがないのであれば、誰かにあげるなり、売り払うなりの方法があるのです。

着物の買取相場は、基本的に数千円というのが近年の常識のようです。
よほどの作家さんがコーディネートしたものでなければ、三万円以上の商品の買取は難しいとされています。
それはどうしてかと言いますと、あまり需要がないからです。

 

しかしながら帯の方は、査定が緩く着物単体よりも高額な料金を期待することができます。

メゾピアノは1988年に登場したブランドで、子供服のブランドとしては最も古いブランドです。
このメゾピアノは最も歴史が古い物ですから、とても人気があります。
その為、リサイクルショップやアパレル関係のお店では高額で買取をしてくれます。